【伝え方コミュニケーションについてのおすすめ本】

モンテッソーリ教育の声掛けとは?積み木タワーの使い方のポイント!

幼児教材の選び方・使い方

モンテッソーリ教育を家庭でやっても、効果が出難い理由とは?

モンテッソーリ教育 とは?

モンテッソーリ教育 とは、

イタリアで初めて女性が医学博士の学位を取得したマリア・モンテッソーリ(1870-1952年)が考え出した幼児教育論のことを言います。

すでに、この教育手法は約110年間も世界で受け継がれてきた幼児教育です。

日本全国にも、数多くモンテッソーリ教育の幼稚園がありますので、あなたも通園されたことがあるかもしれませんね。

このモンテッソーリ教育は、素晴らしい成果を出すと賞賛される一方、

深く勉強した人でなければ、子ども達の才能を開花させるのは難しいと言われています。

塾や家庭で、モンテッソーリ教具を使われている方もあるかもしれませんが、

それぞれの教具を取り扱う時のポイントが重要だ!と幼稚園の勉強会で聞きました。

モンテッソーリ教具・積み木タワーの使い方は?

私の息子が通ったモンテッソーリ教育の幼稚園では、保護者の希望者を集めて、モンテッソーリ教育の勉強会を開いて下さいました。

家庭での間違った取り組みを止めてもらいたいという趣旨からでした。

幼稚園の先生が、”お仕事”と呼ばれる教具の使い方を子供たちにこうやってお手本を示しているんですよ!とデモンストレーションされました。

使った教具は積木タワー!

おもちゃコーナーでも見たことあるかもしれません。


このイラストは、6段ですが、本物の教具は、すべて天然木で1辺が1㎝から10㎝の10個の立方体積み木になっていて、教室ではタワーの状態で置かれています。

モンテッソーリ教育は、先生のお手本が超スロー!

「今日は、タワー積み木のお仕事をやりましょうね!先生がまずお手本を見せるから、その後、あなたが同じようにやってみせてね!」

先生はゆっくり立ちあがり、積み木タワーの前に行くと、お行儀よく正座して座り、一番上の積み木だけ持って、机に戻ってきました。

そして、正座して机に置くと、また積み木タワーを取りに行き、2番目に小さい積み木だけ持って帰り、机に置きました。

それを10回繰り返して、ようやく10個の積み木がそろいスタートできるのです。

性格統計学のロジカルタイプのお母さんやお子様なら、こんな動きで持ってこられたら、無駄が嫌いなため、なぜ、まとめて持ってこないのか?

イライラが頂点に達するかもしれませんね。

ポケットにいくつか入れるかな?

袋はないかな?と探すかもしれません。

実は、これ、モンテッソーリ教育の感覚教具の1つであり、1㎝ずつ1辺が違う積み木の重さを、手で感じてもらうための作業なため、複数で持ち運んではいけない!と理由があったのです。

ちなみに、そのような説明を聞くと、ピースタイプの私は納得し、このように行動しなければ!と素直に指示が入ってきます。

積むお仕事を止めるときも、同じように、1つずつ元の場所に運ばなければいけないんだとか。

ロジカルタイプの人には、地獄のような片付けに感じるかもしれませんね。それでも、ロジカルタイプのお子様も避けては通れないんですよ!

モンテッソーリ教具積み木タワー・お手本②積み上げる

今度は、机に10個の積み木がそろった後、先生が大きいものから順に積み上げていくのですが、

その速度が、ビデオのコマ送りのように遅い!

じれったいほど遅いのです。

モンテッソーリ教育の指導として、お手本は、普通の3倍から5倍くらいゆっくりな動作でお手本を見せるというのが基本なんだそうです。

数十人の保護者を前に、お手本を示された先生もさぞ、緊張されたことでしょうが、

全部で15分以上は長ったです。

1つの教具のお手本に相当な時間をかけました。

モンテッソーリ教具・積み木タワーの重要なポイント!

子どもには、

今のお手本と同じように積んでごらん!

と、先生は声を掛けるだけで、上手く積めなくても、決してヒントは与えません。

自分で、どうすればお手本と同じようになるかを考えさせるんだそうです。

あるお子さまは、出来るようになるまで、3カ月かかったそうです。

しかし、その3カ月の間に、様々な算数の基礎となる秩序を、自分で発見したため、

その他の教具は、どれもあっという間に出来るようになったんだそうです。

ポイントが分かれば、家庭でも出来るモンテッソーリ教育!

ここでご紹介したような光景を見たら、つい、

1辺の長さをよく見てごらん!

と言いたくなるのを、我慢しなければいけません。

教えてあげれば、その日のうちに出来るようになることは分かっています。

でも、教えてもらったんじゃ、才能は伸ばせません。モンテッソーリ教育は、自分で気づくまで、待ってあげることが大事なんです!

モンテッソーリ教具の積み木以外の日常生活でも、自分で考え、失敗しながら自分でやろうと挑戦しているところに、

「早くしなさい!遅いわねー!」

「こうすれば、すぐにできるでしょ! ほら、出来たじゃない!」

のような声掛けは、

幼稚園での取り組みを台無しにするので、やめて下さい!

との注意点でした。

あなたも、家庭でお子様のゆっくりと何かに時間をかけて挑戦している姿を見て、

イライラしたり、NGワードの声掛けをしていませんか?

お子様の性格タイプを理解したり、あなたの性格のタブーなどを知っていると、

このイライラの解消法が見つかります。

親子のお互いをイライラさせないための言葉掛けを、

性格統計学・伝え方コミュニケーション中級で学んでみたいと思いませんか?

▶子育て・夫婦の悩みは性格統計学でスッキリ解消!
伝え方コミュニケーション検定

そのほか、子育ての困った時の声掛け、子どもがやる気になる声掛け、早期教育・幼児教材についてのご質問などあれば、以下より、お気軽にどうぞ!

 また、もし性格統計学・伝え方コミュニケーション、伝え方サポーターにご興味があるようなら、ご質問を、こちらで受付中!

ぜひ、LINEのお友達登録をお待ちしています!
友だち追加
LINE登録なしのお問い合わせは、こちら!
☆ブログには書けないような具体的な情報を、随時配信していきますよ♪(^^)/

☆☆講師デビュー記念*特別価格☆☆
90分無料
(初参加の方限定)
文部科学省調査研究事業での採択実績ある
伝え方コミュニケーション検定・初級講座をオンラインで体験できます!
◎セミナーの概要
90分
通常3,300円→無料!
各講座 定員4名
講師:大井尚子
参加条件:カメラON
参加特典:個別アドバイス
◎セミナーの内容
充実の90分セミナー
・伝わらない理由とは
・伝わる伝え方3ステップ
・希望型と慎重型
・あなたの先天的性格
・性格統計学の誕生ストーリー
・3つの伝え方ケーススタディ
・自己肯定感アップの秘訣
・育児や夫婦関係への活用法
・仕事やビジネスへの活用法
【日程】
2022年04月23日(土) 10:00 ~ 11:30
2022年04月25日(月) 14:00 ~ 15:30
2022年04月25日(月) 21:00 ~ 22:30
2022年04月28日(木) 10:00 ~ 11:30
2022年04月29日(金) 10:00 ~ 11:30

無料セミナーに参加!

幼児教材の選び方・使い方早期教育・幼児教育の声掛け
スポンサーリンク
シェアする
minakoをフォローする
わが子を伸ばす幼児教材の効果的な選び方!
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました